凄い数、種類のギター教本・・・・どれがいいのやら??
特に、これから始めようという初心者の方は迷うところでしょう。

再チャレンジの方も然り!

究極のギター教本選び・・・その方法は?

ズバリ『インスピレーション』です!

なんだか落胆の声が聞こえて来そうですが・・。(笑)
でも、ホントなんですよ。

理由は、近年発売されている教本関係はどれも分かりやすく丁寧。
超初心者でも理解出来るように作られています。

買っていただくために「これでもか!」って感じで各社しのぎを削って競い
合っていますから昔のものとは大違い。

それに大半の教本には「CD」や「DVD」が付属していますので、耳や目で
確認することができるし、文字だけでは説明しにくい部分を補っています。

ですから、『インスピレーション』でビビッときたものを選べばそれでOKでしょう!

最初は、CDもしくはDVD付きの総合的な『入門書』が1冊あれば十分です。

そのうちに、日々の練習に役立つ『テクニック』関連の本や『コードブック』
『音楽理論書』等を必要に応じて購入してゆきましょう。


ギターコードブック



出版社/著者からの内容紹介

このギターコードブックは、通常のダイヤグラムだけでなく、
写真とダイヤグラムを並べて一目瞭然にしたので、ビギナーでも
大変便利に使えます。
今まで、ダイヤグラムだけでコードを覚えた人も、写真を見るこ
とによって、指の形や全体の雰囲気がわかり、確実に押さえられ
るようになります。
クラシックギター、フォークギター、エレキギターにいたるまで、
幅広く活用できるように、数多くのコードを取り入れました。

内容(「BOOK」データベースより)

このコードブックは、通常のダイヤグラムだけでなく、写真とダイ
ヤグラムを並べて一目瞭然にしたので、ビギナーでも大変便利に使
えます。
クラシックギター、フォークギター、エレキギターにいたるまで、
幅広く活用できるように、数多くのコードを取り入れました。

ギターコードまるわかりBOOK−フォームと進行の両面から迫る! CD付き!



内容紹介
プロはみんな知っています。ギター・コードの基礎から応用まで

フォームを羅列しただけのコード・ブックは、もう要らない! 本書では、コードの基本的な押さえ方を解説すると同時に、転回型やドロップ2などの発展的な押さえ方、さらには頻出コード進行例(付録CDにデモ・サウンド収録!)までをも紹介しています。そのため、縦軸(押さえ方)と横軸(コード進行)を有機的に合体させて、コードへの理解を深めることが可能です。応用力が身に付く、実践対応型の本書は、スーパー・コード・ブックと呼びたい大充実の内容であなたをお待ちしています。

◎本書をお薦めする方々
いつも同じフォームでコードを弾いてしまう方/コードに発展性を感じられない方/これからコードを覚えるぞ!という方/バンドでギターを弾いている方などなど。

(編集担当者よりひと言)
コードの押さえ方、つまりフォームだけを紹介するコード・ブック。
コード進行を理論的に解説する音楽理論書。
どっちも勉強にはなるんですけど、その2つがどうもうまく結びつかない……。

そんなわけで、バンドでコード弾きをすれば定番フォームに落ち着いちゃうし、
“かっこいいコード進行”は知ってるけどスムーズなコード・チェンジができない。
そういうギタリストの悩みを解消するために、本書ではフォームと進行の両面から、
コードにがっちり迫っています。

付属CDには98トラック60分ものデモ演奏が収められているので、
耳から学ぶのももちろんOK!
至れり尽くせりのスーパー・コード・ブックです。

【CONTENTS】
◎PART1 基本はオープン・コード
1.トライアドの基本フォーム
2.四和音の基本フォーム
3.テンション系コードの基本フォーム
4.その他のコード
実用コード進行例

◎PART2 コードの発展的な利用法
1.トライアドの転回型
2.ダイアトニック・コードを弾く
3.ドロップ2
実用コード進行例

◎PART3 コード・フォームの実践的な応用
1.四和音とトライアド
2.テンションとトライアド
3.ドロップ2の応用
実用コード進行例

◎PART4 コード・ブック
コード・タイプごとのフォームを一挙掲載
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。