凄い数、種類のギター教本・・・・どれがいいのやら??
特に、これから始めようという初心者の方は迷うところでしょう。

再チャレンジの方も然り!

究極のギター教本選び・・・その方法は?

ズバリ『インスピレーション』です!

なんだか落胆の声が聞こえて来そうですが・・。(笑)
でも、ホントなんですよ。

理由は、近年発売されている教本関係はどれも分かりやすく丁寧。
超初心者でも理解出来るように作られています。

買っていただくために「これでもか!」って感じで各社しのぎを削って競い
合っていますから昔のものとは大違い。

それに大半の教本には「CD」や「DVD」が付属していますので、耳や目で
確認することができるし、文字だけでは説明しにくい部分を補っています。

ですから、『インスピレーション』でビビッときたものを選べばそれでOKでしょう!

最初は、CDもしくはDVD付きの総合的な『入門書』が1冊あれば十分です。

そのうちに、日々の練習に役立つ『テクニック』関連の本や『コードブック』
『音楽理論書』等を必要に応じて購入してゆきましょう。


ブルース・ギターの常套句200 [DVD]



インストラクターの安東滋氏はハードロックからジャズまで
幅広くプレイできる方なので、ここで使われているギターリ
フの数々はロックブルースでありながら様々な音楽の要素が
ブレンドされていて面白い。

過去にいくつかのギター雑誌で、ヴァン・ヘイレンの「ジャ
ンプ」のギターソロのタブ譜を見てきたが、正確に採譜して
いたのは安東氏のものだけだった。
(ここでは「ジャンプ」のギターソロは収録されていません。)

この作品のタブ譜も大変正確に採譜されており、エクササイ
ズの構成も極力余計な説明は排除し、バリエーション豊かな
ソロ、バッキング集になっている。

このDVDの作品群をコピーすれば初級レベルのギタリストは短
期間で中級レベルまで達することができるでしょう。

ブルージーなロックギタリストになりたいという人には最適な
教則DVDです。

−−アマゾンカスタマーレビューより引用−−


う〜ん、観てみたい内容だなぁ・・・・。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。